FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ED治療薬の真贋

長らくブログを書いていなかった。
何を書くべきかすら、忘れかけている。

まあ、それは仕方のないことなのだが・・・。

とりあえず、ED治療の件を思い出すことにしよう。

バイアグラについて考えてみよう。

既にジェネリックの薬が出始めているのだが、あまり動きがないような気がする。
取り扱っている既に色々な精力剤とかが出ているので、バイアグラはちょっと高いかも、という気持ちが働いているのではないだろうか。
それともう一つ、ジェネリックには贋物が多いという風評も、何らかの形でブレーキをかけているように思われる。

ED治療薬を作っている会社でネット上でのED治療薬についての調査をしたら、半数以上が贋物であったというような結果も、ネットで買うより多少は高くても病院で・・・という気持ちを推し進めているのだろう。

さて、色々とネットでの情報を調べてみると、やはり怪しいといわざるを得ない記事が多いことを改めて認識せざるを得ない。
たとえば、ジェネリックは贋物が多いとか、取り扱いの用量で、真偽が分かるとか、特にどうやったら自分が紹介しているサイトのアイテムが贋物ではないのかを必死に説明をするようだ。
しかし、私に言わせれば、それがおかしいといわざるを得ない。

さて、それで少しどのような形で偽者か本物であるのかを見分けると騙っているのか、その辺を見てみよう。
それを良くやっているのは ○おさか○う というサイトのアフィリエイトさんが多いようです。

まず、
用量の少ないものを取り扱っているかいないか。用量は大きいほうが利益が出やすいので、用量の小さいものを扱っていれば、信頼できる。
「はい?」
いやいや、そんなことは関係ないでしょ。偽装するためだったら用量の少ないものも取り扱いますよぉ。

次に他のサイトを指摘して、
あそこのサイトはどうやら贋物らしい。不安ですね。でも私のいうサイトは安全です。
といった他のサイトを引き合いに出して自分の紹介するサイトが安全ぽく書く。
詐欺のやり口に似てますね。
他のサイトが危なく見えることと、自分の紹介しているサイトが安全であるということは別のことですよ。
他のサイトを貶めていても、危険なサイトの安全度が上がるわけではないのです。

ジェネリックは贋物と書いている場合。
ここにも大きな偽りがあります。
ジェネリックだから危ないということはありませんし、ジェネリックだから効かないということもありません。

薬が効くのは、その薬の名前によるのではなく、中に配合されている成分によるのです。
ですから、ジェネリックでも、同じ成分がきちんと用いられていれば、必要な薬の効き目を得ることができます。
ではなんでジェネリックだと効かないとか、贋物だとか言われるのか?まあ、それには理由があります。

実際に中国あたりで作っているもので、正規品というにはあまりにお粗末な製品の場合、ジェネリックですから、多少の色や形が異なることもあります、とごまかす業者もいるからでしょう。
きちんとした公的な機関による、認可を得ている製薬会社が出すジェネリックの場合、効き目はあります。

使ってみて使用感が違うという人もいますが、それはありえます。
というのは、主成分が同じでも、凝固剤、味付けに利用している成分、吸収を助けるための成分や、分解を阻害するための成分が製薬会社の采配で異なる場合があるからです。

人によって、オリジナルよりもジェネリックのほうが効くという場合もあります。
なので、一方的にジェネリックを否定している場合、それは売るための宣伝であり、厳密さを求めている人には役に立たない情報となります。
ジェネリックについては、こう書くべきです。
「真偽の問題とは別に、ジェネリックを用いることで主要な効果を得ることはできます。しかし、添加されている成分との相性で、元の薬と別な使用感を強く感じる人もいます。自分にあった形の薬を選ぶことが大切です」と。

では、ジェネリックでの危険性に対して何らかの保証はあるのか?ということになりますが、はっきり言えば、ないです。
ネットで買うよりも医師の指導の下で購入することが安全であることは確かです。

どのようなサイトを信用するべきなのかは、個人個人の判断によって異なってきます。
結局は一度買ってみて、信頼できるかどうかを確認するしかないでしょう。
心配なら、サイトに出ている連絡先に問い合わせてみるのが一番早いと思います。

サイトではもちろん本物を取り扱っていると書きますので、色々と聞いてみると、理解できることもあります。

私としては、他のサイトを貶めて、自分のサイトが・・・という形は中国人や韓国人みたいなやり方に思えて、好きにはなれません。

天然のED治療方法・2

先だって、男性の射精後の状態に刺激を与え続けるというタイプの漫画は見たことが無いと書いたのだが・・・
とあるまとめで、ソフトSM(男が拘束されている状態になるらしい)で、一度射精した後に更に無理やり女性が男性器に快感?を無理やり与え続けて、男の潮吹き状態になった・・・とか言う記事が出ていた。

と、言うことで今後流行るかも知れないw

さて、男性(女性もかもしれないが)として、興奮するきっかけにはどのようなものがあるのだろうか。
まずは視覚。女性の裸などを見るとやはり性的に興奮する。
一次性徴器に男性は性器の大きさが著しく大きくなっていく。そしてその時期に女性のことを考えて興奮するようになる。
女の子の裸をなぜか見たくなる。しかし何故?という疑問は付いてまわる。

また、ある一定の年齢になると、女性の喘ぎ声を聞くことでも興奮をするようになる。

インターネットのない時代であれば、女性から発せられるある種のフェロモンによって、男性の興奮が引き起されるのでは?という仮説もあったのだろうが、現在では、AVをみることや、音声だけを再生してもやはり男性は興奮することが分かっている。
パソコンからフェロモンなど出ないのであるから、視覚や聴覚に因る興奮でも男性は十分に一酸化窒素が供給されることになる。

匂いや食べ物は大きく影響をするだろうが、これはかなり物理的(あるいは化学物質の反応)であるといえるので、どちらかというとイージープロブレムの分野になるだろう。だが、視覚や聴覚を通して情報が信号として脳に伝達された後、それが性的な興奮になるものであると脳が分類するためにはどのような機序が働いているのだろうか、私には予測ができない。なぜならばそれはハードプロブレムと密接な関係があるように思えるからだ。

パブロフの犬、というように、条件反射の方面も考えて見たいのだが、若くて性行為をしたことがない男性が女性のエロチックな様子を考えるだけで勃起をすることがある。また、精通という現象はこれまでに女性経験がないのに、なぜか女性にエロチックな要素を自分の中で勝手に結びつけて、性欲が増すような夢を見ることで起きる場合がある。
これまで経験していないことであるにも関わらず、勃起して、射精するのであるから、条件反射ということにはならない。
夢精など自分の経験にないことで起きるのである。しかし何故その際に女性を結びつけるのだろうか。

脳には色々と不思議な機能があり、未だ十分に解明されていない部分が多い。
自分自身が今考えていることが、ああ、今自分はこう考えるような化学反応を脳内で起しているのだろう・・・などとは考えない。
だが、脳に関する研究をする学者たちとしては、そういった結論を出さざるを得ないのだろう。
だが、私の考えていることは化学反応なのだろうか?

本当にコントロールできない物質的な何かなのだろうか。
性行為を行うことで、男性の精子が女性の卵子と結びつく。
その受精卵には意識といえるものがあるのだろうか?
あるとは非常に考えにくい。
胎児が育っていく段階で、あるときに脳が作られる。
だが、この脳が脳として機能するようになるのはいつからなのだろうか。
脳と全身の器官が神経で繋がることにより、脳の出す命令によって、様々な器官が機能するようになる。

脳へ与えられる様々な情報で、バランスをとるように脳は反応を返すのだろうが、人間は意志を以って体を動かすことがあり、単純に反射や反応だけではないことを行う。

反射や反応であるならば、今私がここで書いている文章は、誰が書かせているのだろうか?という別の疑問も生まれてくる。
こっちの方面を掘り下げていくと、哲学的になっていくことになるが、他者の存在とその意識とは何であるのか?という疑問にもつながる。
(これは、人間以外の生物は、何かを感じるのであろうか?そして、人間が見ている世界と同じように世界が見えるのだろうか?という私の疑問も含まれる)

(人間が感じるようには見えないだろうが、彼らの感覚や感性の中では、世界は彩りに満ち溢れた世界を見ている可能性もある。
人間にはこうもりが感じ取れる超音波を識別できない。また、人間の可視光線の範囲と別の生物の認識域も多少異なるだろう。音と色が組み合わさっての信号をその伝達経路でどのように処理するのか、そしてそれを意識・感覚がどのように捉えるのかということで、人間と派別の色彩的な感じ方をしている可能性もある。ただし、実証はできないので、科学的には殆ど意味がない)

もしかしたら続く。

危ない韓国製

日本のマスコミがなぜか報道しない韓国製品の危険度。
しかし、ネット上で調べてみると韓国製はかなり危ないことが伺われる。

まず、その偽物があるということが発覚したのは4月22日付だったが、日本でそのような情報はあまり流れていなかったようだ。内容としては偽物の薬(ホルモン系に作用して、女性の更年期障害となんたらかんたらという類の薬らしい)が発覚して韓国のコスダックの平均がものすごく下がり一日で一兆円程度の価値の減少が起きたということだった。


この件を見つけたのはとあるまとめサイトだったのだが、そういったところでは結構辛らつなコメントが載せられている。
また、人の健康に関わるものであるので笑ってしまうのは不謹慎ではあるが、思わず、というようなコメントも結構あったりする。

性欲に関わるものは、利用目的が不純である場合も多く、偽物をつかまされても訴えにくいということが背後にあるのだろう。医薬品を探す場合、個人輸入をする場合もあるのだろうが、そういった際にも安心して使えるところを見つける必要性がある。

特許と処方箋

この記事はブロとものみ閲覧できます

ED治療薬のサイト

実はかなりの老舗の医薬品個人輸入のサイトです。というサイトが新装オープンです

一度覗いて見ると良いと思います。 アイ薬のアドレスは左の部分をクリックしてください。


プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。