FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治験という場合

ED治療薬は現在4種類が基本的に認められていると言ってよいだろう。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラの4つである。

これらの成分はそれぞれ
シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル、アバナフィルとなる。
なぜかみな・・・フィルという形で終わっている。命名のルールがあるのだろう。
ホンデナフィルとかウデナフィルといった名前のものもあるが、厚生省ではこれらはシルデナフィルに似た働きがあり、血圧の急激な降下の可能性があることや、日本、アメリカ、ヨーロッパでも認められていないというようなことを書いている。

ステンドラは日本の会社が開発した成分のアバナフィルを用いてるが、日本での認可よりもアメリカ・ヨーロッパでの認可が先になっている。そして今の時点では日本ではまだED治療薬としては認められていない。

さて、ED治療薬の治験とはどうやっているのだろうか。
これは相手がいないとできないことであるので、当然治験者には女性が・・・となるわけだが、その際の相手は婚姻関係にあるパートナーということで確認をしているのであろうか?
色々な記事を見ていると、例えば自分の奥さんだとダメだというような精神的な理由で勃起しない人もいるだろうが、そういうことは何らかの数値の調整をしたりしているのだろうか?
といったことも考えてしまう。

これらのED治療薬はPDE5を阻害することで働くので、性的な興奮を得なければ機能しないということが前提になっている。
家庭内での問題がある場合、器質的なEDではなくても精神的にEDとなっていることがあり、そういう場合にあ、治療薬は有効に働かない。では、他の女性をあてがった場合には?というような質問も生じるのだが、それはモラル的にまずいと思う。
また、避妊具を使った場合にはどうなのか?というような疑問もある。
避妊具を利用するということで、勃起しづらくなる人もいるだろう。
その場合、どのようにそれを計るのだろうか。

医薬品を取り扱っている専門家としては、細かい精神的な違いで薬が作用したりしなかったりということになるのは困るのではないだろうかとは思うのだが、プラセボという観念もあり、どのようにそれらを数値に反映させているのだろうか。

ちょっと極端な仮定だが、こんな場合もあるだろう。
家庭内で奥さんとうまくいっていない。
ある意味で風俗系なら暗黙の許可が出ている。
奥さん相手だと起たない。
風俗店で最近ほとんど起たなくなっている
薬を使ってみる。
やはり奥さん相手には起たない。
風俗店では起つ。
この場合奥さん相手は起たないが、別の女性なら可能となるわけだから、薬は効果があるということになる。
しかし、治験をする際にこれはモラル違反ではないのか?という意見がある場合、薬の効果はあるにも関わらず、その効果の測定法を明白にすることが許されないので、効果が無いという判定の方にポイントを入れなければならないときもあるだろう。


昔何らかの公害の対処をするために、一酸化炭素を使うとその毒性が減るというような事例を発見したとか。で、その点である別の科学者が「じゃあ、一酸化炭素を大量に使えばいいのか?」と質問をしてきた。
その事例を発見した人物はなんと返事をしたらよいのか困っていたら、別の科学者が「一酸化炭素は人体に毒性があるので、そういうわけにもいかないだろう。別の方策を練らなければならないようだ」とコメントをしたということらしい。

一部の症状を緩和するために別の機能をダメにするような方法はやはりよろしくはないだろうし、モラル的にどうかということも考えていく必要がある。

科学的にという場合と、倫理的にどうか?というのは別のところで判断をするべきことであるので、それはそれで、何らかの基準がひつようになる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。