FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢方と副作用

時々あちらこちらで書いていることだが、漢方には副作用がないというのは正確ではない。

副作用というのの定義の仕方を考えた時や、なんとなく副作用という言葉を感覚で使っている場合と、きちんと考えた場合で結果が異なるのはあるのだが、それを差し置いても、漢方だから副作用がないというのはやはりおかしい。

まず、感覚的な問題だが、漢方系の薬を使って、なんとなく体の調子が良くないと感じることはある。
例えば、少し肌が荒れたり、嘔吐、軟便(時には下痢)、多汗など。
漢方では、これらは毒素を出すための働きで、副作用とは言わないという場合もあるが、感覚的には副作用である。

また、言い方を替えるとして、それは正規の作用であって、副作用ではないといういい方もできるかもしれないが、そ個まで行くと、それは詭弁である。
なぜならば、嘔吐や肌荒れを「目的」にそれらの薬を服用するわけではないからだ。
目的は「体調が悪くそれを治したい」、あるいは、「ある機能を高める」ことが目的であるからだ。
この目的を達成されることと、嘔吐や多汗などは、必ずしも一緒である必要はないし、なければないに越したことはないものである。

漢方系といわれるアイテムの説明を時折目にするが、漢方だから副作用なし、との記述が良くみられるが、十分に注意をした方がよいだろう。

副作用が出にくいように、他の成分を加えて抑えることもあるし、天然の成分を利用していることも多いが、漢方だから体に優しいとか、副作用がないだろう、という考えで服用するのはやめた方が良い。

具合が悪いのであれば、まずは医師と相談をし、そののち、自分に合ったお薬を見つけて、ネットなどで安くする方法を見つけるのが無難である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。