FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリック医薬品について

面白いサイトというべきか、なんというべきか、ジェネリック医薬品についての掲示板でのコメントを見た。
よく、「2chなんて便所の落書き」と揶揄されるが、なるほど、そう言えなくもないと思った。

なんというのか、「こんな考えでいるのか?これでよくもまあ、書き込むなぁ」と思わずにいられないような内容が多すぎるのだ。

普段からしっかり調べて責任のある仕事をしていれば間違いはすぐにわかることだが、書き込みをしている人間たちは仕事と政治と法律についてよく知らないのだろう。

自分たちのルールについてはやたら細かくても、一般社会における法律や社会的責任というものを知らないように思える。

今回はジェネリック医薬品について書いてあったのだが、大きな誤解があるようだ。
ジェネリック医薬品はきちんとした製薬会社がそれぞれの国の法律に則って製造されている薬であることを理解していないようだ。
日本国内でも例えばバイアグラのジェネリックを製造し始めた会社があるが、それらの会社はきちんとした薬の製造許可を持っている会社なのだ。

効く、効かないは個人差があることだが、これまで使っていて問題がなかったがジェネリックに変えたら効かなくなったという報告が多く感じる。
だが、それはそういった報告のほうが目につきやすいからだとも言える。逆の場合も本来はあると思う。
A社の風邪薬がオリジナルだったとして、B社はジェネリック。だが、普段からB社で慣れている人がA社の風邪薬にしたら効かないということもあり得る。
だが、この場合、あまり報告はされないだろう。

他にも征露丸。ブランドのほかにたくさんの会社から出ている。
どの会社からの征露丸が特に効くのかとかあまり考えたりはしない。
ジェネリックを利用するというのはそれと同じような感覚であるべきなのだ。
プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。