FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のお薬状況

夜のお楽しみのためのお薬にもいろいろある。
今でこそ、バイアグラといったED治療薬の存在が認められ、起たなくなった男性でもそれを利用することで起たせることができる。
しかしそういった薬がなかった時代には自然なお薬を利用して勢力の増強を行っていた。

生殖ホルモン関係に働くもの、より多くの精子を作るもの、感情に訴えて快感度を増すものなど様々な工夫がされてきていた。
現在では勃起不全の対処策に何が必要なのかを調べる手立てがあるので、そういった昔ながらの成分と近代的な西洋医学を取り入れた薬が利用されているようである。

私個人的な感覚としては技術の進展としてはそれらは良いと思うのだが、科学技術に対する知識が追い付かない状態で商売に汚い人間が利益重視できちんと説明をしないで売っている状況はよろしくないと思っている。

大きな間違いというか、なくさなければならない課題であるが、漢方系には副作用がないというイメージを利用しての宣伝と、天然成分利用と言っておきながらED治療薬の成分が含まれているものは本気で市場から退場しさせる必要がある。

これについては、人体に対する安全性という点だけではなく、ネット上で正当な経済活動を行っている人間にとっても起きなないナスになるからだ。所詮ネットでの取引だろ?という風潮が生まれると、新しい商品などの紹介をした際にも、所詮眉唾と思われてしまい、商取引のチャンスが潰れてしまうからである。

薬を扱っている場合での最低限のモラルとして、手配したものに記載されている含有物に偽りがないことだと思う。
これは薬だけではなく、食料品一般に言えることだとは思う。

自由薬価のジェネリック製品

バイアグラのジェネリック製品が解禁された。
これに対して、業界は動きがまだ鈍い。

それもそうだろう。
これまでジェネリック医薬品として解禁されたもの(日本国内の)は基本的に薬価が設定されており、参入する場合には先に算盤をはじくことができた。大手の製薬会社ともなれば、その分野の専門家が一定の売り上げに対する見込みを計算し、見合うと判断されれば、参入することになるからだ。
その場合一つの安全弁があるのだ。
それが日本国内に於ける薬価の制度だ。
薬価の制度販売する方としては、制限となるのだろうが、同時に他社にとっても制限となる。
自社の薬品の区別化ができれば、同じ薬価で競争力のあるアイテムとなる。
この場合、先鞭をつけたものが有利になるという部分もある。

しかし、バイアグラは薬価が定められていない。これにより、自社で出したアイテムよりも他社が値段を下げた場合、競争力はどうなるのか?という、未知の予測も頭に入れておかなければならない。
かといって、ギリギリで出すということをしてしまうと、旨みがなくなる。

そして日本では値段を決めようという形での談合は認められない。
当面は高めの値段を設定し、少し様子を見ることになるのだが、それはそれで、他社も一定の売り上げの傾向を把握できることになる。大量に出して、の失敗は許されないのだが、かといって利益が出る量の製造はすることになる。

海外からの個人輸入との値段競争も視野に入れているのだろう。
バイアグラなどは対面販売が恥ずかしいので、ネットで購入する人が多い。 アイ薬といった格安でバイアグラのジェネリック商品を取り扱っているサイトの値段まで引き落としての価格設定はしづらいだろう。

参入を決定した製薬会社はどれだけ造るのか、どのくらいの値段にするべきなのか?でまだまだ、動けないのだろう。
EDで悩んでいる人たちはまだまだ多くいるのだろうに。

バイアグラのジェネリック

これを使えば男が立つ。といわれるバイアグラの成分のシルデナフィル。
これのジェネリック製品が解禁されて、製薬会社はバイアグラのジェネリックを作り始めている。

日本国内で既に5社以上が厚生労働省から認可を受けている。
今後どのようなタイプの商品が出てくるのか興味がある。

さて、ED治療薬にも色々あるのだが、何がことなるのだろうか?
現在ED治療薬には3系統あり、バイアグラ、レビトラ、シアリスがある。
これらは、成分が異なる。
それに対してジェネリック製品は成分が同じだ。

東和の作ったジェネリック製品は従来のバイアグラよりも水に溶ける時間が早いそうだ。
今後他の会社で造った製品もどのように異なるのかを説明したものが沢山出てくるだろう。

ネットのあり方も大きく変わってきており、少し前までは売れるためには多少の誇張なども許されていたが、現在ではそれに伴うリスクが大きくなっている。

正直に、まじめに文章を書いて、少しづつの利益を得る時代なのだろう。
少しでも出費を抑えたいが、バイアグラのジェネリック製品を利用したいと思う人はアイ薬で探すと安く見つかる。

とりあえずリンクを張っておく。
アイ薬のバイアグラのジェネリック製品。
サイト内には他の製品もあるので、満足するまで探してみるのもありだと思う。

ジェネリックバイアグラ解禁

バイアグラのジェネリックが解禁になった。
これまでにいくつかの新聞もそのことを取り上げている。

ED治療薬は生活習慣病の治療薬として、国では薬価を設定していない。
それゆえに、売れると思えば高い値で売られる。
安いものを探したい人は、ネットなどで情報を探すことになる。

そんな中でジェネリックバイアグラの登場は何を意味するのだろうか。
実は、日本国内でジェネリックバイアグラが買えるようになったとしても、実は個人輸入の方が得なのは知っているだろうか?
海外からの個人輸入代行だと半値くらいで買えるのだ。

そして国産のジェネリックはおそらく8割くらいの値段で売られることになるだろう。
輸送費を考えても海外の個人輸入の方が得だ。

これからもニュースで出るだろうが、国産の方が安全とか、そういったメンタルなことで選ぶ場合はそれでも良いが、
個人輸入も選択肢として持っているのがベターだろう。
定期的に使うものであれば、長い目で見てどれくらい違ってくるのかを一度計算してみると良い。

国内2番目のED治療薬「レビトラ」

レビトラは国内2番目のED治療薬と言われています。

性行為の15分前くらいに飲めば役に立つということで注目を浴びました。

薬などによっては空腹時に服用無ければならないものもありますが、

レビトラは普通の食事をした後でも効果を得れるとされています。

速効性が高く、持続性があるED治療薬として注目されています。



レビトラはバイアグラよりも効果の出るのが早く、勃起力の強化、持続力、

男性器の硬度を高める等の効能も他に引けを取らず、

多くの固定ファンがいるのも特徴です。

また、バイアグラで効果が認められなかったED患者に多く利用されていて、

糖尿病や前立腺がん手術後のED患者にも効果が期待できるとされています。


バイアグラと比べて、食事やお酒の影響が少ないので、それらのことを考える必要も

あまりないので、安心です。

食事込みのデートの際に持っていると安心のお薬です。

バイアグラがダメならレビトラを!!!




↓ レビトラ1錠 1,244円? ↓

レビトラ
プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。