FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる気力

どのようなもので人間は生きる気力を保つのでしょうか?

 

人間(あるいは動物)の行動の原理は性欲であるという説もありますが、果たしてそうなのでしょうか?

 

極端なことを考えてみましょう。性欲のない人間はいないということになります。

かつて宦官という職務があり、その人たちは性的な行為ができないように男性器を切り取られていました。宮中に使える者たちが王家の女性に手を出すことのないようにということでこのようなことを行っていたのですが、この宦官たちは何らかの行動はしています。

 

宦官にも性欲があったとするならばフロイトの説は正しかったことになりますが、もしも自ら性行為ができなくなることを選んででも、宦官という役職を選んでいたのならば、それの根本的な行動原理は性欲ではなく、それ以上に強い何かであったといえるのではないでしょうか。

 

人間が生きる際に必要となるものがあり、欲求を解消するということで生きる機能を維持することもあります。それらの中心的なものは食欲・睡眠欲・排泄欲だとされています。これらは生きる上で欠かせないものです。

 

出世欲・金銭欲といったものがありますが、これらは生きる上で有利になるということであり、直接生きるための機能を維持するものではありません。そして、欲求というよりは欲望と言えるものだと思います。

 

これらとは別にあとふたつ考えてみたいものがあります。

一つは性欲。これは生物として自分の遺伝子を残したいと思う本能が・・と言いますが、実際には避妊をするなどの行為を見ると、本当に遺伝子を残すことを強く願っているのだろうかという疑問がうまれます。

ただ、性衝動は年齢や環境によって抑えることができなくなる場合がありますのでとても強い欲求であるのは事実です。

 

もう一つが知的欲求です。これを気にしない人もいるように思われますが、衣食が足りている状況ですと知的な欲求を満たしたいと思う人たちが増えてくるように思われます。

日本は特に書物などになじみが深く、気が付かないうちに知的な欲求を満たしている人が多くいると思われます。

同時に、よくわからない状態のままにしておくのは好まず、何らかの解答を探してしまうのも知的欲求の一部なのではないでしょうか。

 

こういった様々な欲求があり、それらを満足されやすい状況にある場合、生きる気力がわいてきます。欲求が満たされる、問題が解決するということを何度も経験すると、前向きに生きる気持ちがわいてきます。

 

しっかり食べ、本などを読み、性生活も満足のいくような生活を心がけることで、生きる気力が湧いてきますので、最近元気が出ない、と思う人はこれらを生活に取り入れてみてください。

レビトラ

久しぶりに真面目に文章を書こうと思う。

今回はレビトラと併用ができない薬についてです。
大きく分類すると
硝酸剤・一酸化窒素供与剤
sGC刺激剤
CYP3A4阻害剤
クラスIAクラスIIIの抗不整脈の薬
が禁忌となります。
その他にCYP3A4の働きを促進するものやα遮断剤が併用には注意となる。

ここで、特に注意を必要とするのが、CYP3A4だろう。
他の薬は、使っている場合、医者による説明がある場合がほとんどだと思われるが、CYP3A4とは何?っていう人が多いのではないだろうか。

硝酸、一酸化窒素、ニトロ、sGCなどは、心臓や血管の疾患を抱えていて、血圧を下げる場合に利用される。そして、その利用は医師の病気にたいして何で利用するのか説明があって、利用されるものだからだ。
抗不整脈やα遮断剤も、医師の説明で利用することがほとんどでしょう。
でもCYP3A4て?って人が多いのではないでしょうか。

これは代謝酵素で、体内の異物を分解するためのものですが、腎臓や肝臓の機能と密接なものです。
じゃあ、肝臓の機能が悪いと?とか、いつ使うの?ということになりますが、必要な薬の成分の分解を遅くするために阻害剤を利用したり、逆に肝臓の機能が低下しているので促進をする薬を用いたりもします。

レビトラの主成分は血圧を下げる・・・というか、血管を緩めて血流を増やすという働きをさせます。これの代謝を遅くすると、長時間にわたっての血圧の低下が起きます。
硝酸・窒素供給剤は血圧の低下のためのいやくひんなので、働きが相乗効果で強くなりすぎるということで併用が禁止されていますが、代謝が何?というレベルの人間は薬の利用の意味を知らずに、併用して体に害を与えてしまうことがあるので、覚えておきましょう。

なぜかレビトラには禁忌としてリストにされている医薬品がバイアグラやシアリスよりも多いです。
基本的には同じようなものが禁忌となるはずなのですが、その辺の理由は今もってわかりません。
でも、レビトラはこういったことを列記しているので、注意を守って利用するのであれば、他のED治療薬よりも安全なのかもしれません。

治験という場合

ED治療薬は現在4種類が基本的に認められていると言ってよいだろう。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラの4つである。

これらの成分はそれぞれ
シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル、アバナフィルとなる。
なぜかみな・・・フィルという形で終わっている。命名のルールがあるのだろう。
ホンデナフィルとかウデナフィルといった名前のものもあるが、厚生省ではこれらはシルデナフィルに似た働きがあり、血圧の急激な降下の可能性があることや、日本、アメリカ、ヨーロッパでも認められていないというようなことを書いている。

ステンドラは日本の会社が開発した成分のアバナフィルを用いてるが、日本での認可よりもアメリカ・ヨーロッパでの認可が先になっている。そして今の時点では日本ではまだED治療薬としては認められていない。

さて、ED治療薬の治験とはどうやっているのだろうか。
これは相手がいないとできないことであるので、当然治験者には女性が・・・となるわけだが、その際の相手は婚姻関係にあるパートナーということで確認をしているのであろうか?
色々な記事を見ていると、例えば自分の奥さんだとダメだというような精神的な理由で勃起しない人もいるだろうが、そういうことは何らかの数値の調整をしたりしているのだろうか?
といったことも考えてしまう。

これらのED治療薬はPDE5を阻害することで働くので、性的な興奮を得なければ機能しないということが前提になっている。
家庭内での問題がある場合、器質的なEDではなくても精神的にEDとなっていることがあり、そういう場合にあ、治療薬は有効に働かない。では、他の女性をあてがった場合には?というような質問も生じるのだが、それはモラル的にまずいと思う。
また、避妊具を使った場合にはどうなのか?というような疑問もある。
避妊具を利用するということで、勃起しづらくなる人もいるだろう。
その場合、どのようにそれを計るのだろうか。

医薬品を取り扱っている専門家としては、細かい精神的な違いで薬が作用したりしなかったりということになるのは困るのではないだろうかとは思うのだが、プラセボという観念もあり、どのようにそれらを数値に反映させているのだろうか。

ちょっと極端な仮定だが、こんな場合もあるだろう。
家庭内で奥さんとうまくいっていない。
ある意味で風俗系なら暗黙の許可が出ている。
奥さん相手だと起たない。
風俗店で最近ほとんど起たなくなっている
薬を使ってみる。
やはり奥さん相手には起たない。
風俗店では起つ。
この場合奥さん相手は起たないが、別の女性なら可能となるわけだから、薬は効果があるということになる。
しかし、治験をする際にこれはモラル違反ではないのか?という意見がある場合、薬の効果はあるにも関わらず、その効果の測定法を明白にすることが許されないので、効果が無いという判定の方にポイントを入れなければならないときもあるだろう。


昔何らかの公害の対処をするために、一酸化炭素を使うとその毒性が減るというような事例を発見したとか。で、その点である別の科学者が「じゃあ、一酸化炭素を大量に使えばいいのか?」と質問をしてきた。
その事例を発見した人物はなんと返事をしたらよいのか困っていたら、別の科学者が「一酸化炭素は人体に毒性があるので、そういうわけにもいかないだろう。別の方策を練らなければならないようだ」とコメントをしたということらしい。

一部の症状を緩和するために別の機能をダメにするような方法はやはりよろしくはないだろうし、モラル的にどうかということも考えていく必要がある。

科学的にという場合と、倫理的にどうか?というのは別のところで判断をするべきことであるので、それはそれで、何らかの基準がひつようになる。

使いやすいED治療薬

ED治療薬はたくさんある。
思っている以上にたくさんある。
基本的な薬はバイアグラ
それからレビトラ、シアリスと続く

さらに遅れること数年、アバナフィル利用のステンドラが生まれ欧米で認められている。
これらがED治療薬となる。
他にもこの分野に詳しい人はウデナフィルを持ち出すだろう。
しかし私はウデナフィルは認める気にはなれない。
日本のみならず、欧米でも認められていない成分だからだ。

さて、使いやすいのはどれだろうか?
私はシアリスだと思う。
特に日本人の特性にはこれが良いと思う。
その理由は簡単で、長時間持つので、計画性に優れるというものだ。

レビトラは、早く効くので、急なデートなどに向いているが、そうなると計画性よりも普段から慌ただしい性生活をしている人向きとなる。

せっせと女性を口説いて、落ちたらベッドイン、というような性生活の習慣を持っているなら、確かにレビトラは無駄が少なくなり、経済的だろう。しかし、肉体関係を持つにいたる男女関係は即席であるよりもじっくりと行うべきなのではないだろうか。
EDになってしまうような人間が即席で女性関係を求めるというようなことはあるのだろうか?との疑問もあるが、それに関してはあるとして、だからどうのこうのということではなくなる。
必要ならそれで利用をする人がいるというだけのことである。

シアリスは、一緒に過ごして、ムード作りをしてから、肉体の交わりを求めるというタイプにはうってつけだったりする。相手が気が付かないところで飲んでおけば、その後長い間効果が残る。
これはつまり、飲んでおけばその時がきたら、自然と勃起するということになる。

女性と一緒にお出かけをしてそれからという計画を練るのが男のあり方だろう。
その場だけでがっつくような男であってはならないと思う。
女性も時間が無くて、やっとの思いで暇を作って性行為を行うというなら、確かにレビトラを使うという選択も良しとなる。

相手の生活に合わせて使う薬を変えるということになるが、それでも私はシアリスの方が使い勝手が良いと思う。

最近のお薬状況

夜のお楽しみのためのお薬にもいろいろある。
今でこそ、バイアグラといったED治療薬の存在が認められ、起たなくなった男性でもそれを利用することで起たせることができる。
しかしそういった薬がなかった時代には自然なお薬を利用して勢力の増強を行っていた。

生殖ホルモン関係に働くもの、より多くの精子を作るもの、感情に訴えて快感度を増すものなど様々な工夫がされてきていた。
現在では勃起不全の対処策に何が必要なのかを調べる手立てがあるので、そういった昔ながらの成分と近代的な西洋医学を取り入れた薬が利用されているようである。

私個人的な感覚としては技術の進展としてはそれらは良いと思うのだが、科学技術に対する知識が追い付かない状態で商売に汚い人間が利益重視できちんと説明をしないで売っている状況はよろしくないと思っている。

大きな間違いというか、なくさなければならない課題であるが、漢方系には副作用がないというイメージを利用しての宣伝と、天然成分利用と言っておきながらED治療薬の成分が含まれているものは本気で市場から退場しさせる必要がある。

これについては、人体に対する安全性という点だけではなく、ネット上で正当な経済活動を行っている人間にとっても起きなないナスになるからだ。所詮ネットでの取引だろ?という風潮が生まれると、新しい商品などの紹介をした際にも、所詮眉唾と思われてしまい、商取引のチャンスが潰れてしまうからである。

薬を扱っている場合での最低限のモラルとして、手配したものに記載されている含有物に偽りがないことだと思う。
これは薬だけではなく、食料品一般に言えることだとは思う。
プロフィール

Dr.Hakase

Author:Dr.Hakase
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。